お困り多重債務消費者金融

多重債務で困ってます。消費者金融ブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任意整理は、借入れが多くなり過ぎて、返済できなくなりつつある人が使える方法です。

借り手が弁護士さんor司法書士さんに委任すると、弁護士さんor司法書士さんが金融会社と借り手の間に仲立ちとして入り、債務の額の確定、いつからどれくらいの利息でどのくらいの期間借りてきたのかを調べます。次に、今まで支払ってきた18%?29.2%の間の高利の利息ではなく、正統な利息(利息制限法内の利息=50万なら18%に引きなおして)に直し、今の借金の残額はどの位かを計算し、金融会社が計算した差額との間を借り手に有利に引きなおしてくれる交渉をしてもらいます。

そして金融会社とひき直して残っている分の金額を残り債務として契約します。借り手は契約に基づいて3年位で返済する事になります。また、任意整理で話がついた後はほとんどの場合、その時点からの利息がなくなります。

また月々の返済額を弁護士さんor司法書士さんとの話し合いの中で設定する事ができますので、返していくのが楽になります。(ただし、べらぼうに安くはできません。3年間で返し終える範囲で、です。)

任意整理は裁判所を通さずに弁護士さんor司法書士さんが間に入っての交渉ですので、同居家族や会社の同僚にも自分から話さない限り知られることはないです。任意整理のいいところは委任後は弁護士or司法書士で交渉をしますので仕事が忙しい方でも簡単に手続きをすることができます。

任意整理のメリット・特色
任意整理は自己破産や個人再生とは違い、一部の借り入れだけを整理することもできます。仮に債務の中に保証人付のものがあった場合、その債務を除いて手続きをしたい場合に使うことができます。

任意整理のデメリット・特色
ブラックリストに載り、5年から10年の間、クレジットカードがもてなかったり、ローンが組めなかったり、借り入れができなくなります。

私は現在、任意整理ではなく、完済した後の会社に対して過払い請求をしています。弁護士さんor司法書士さんに委任するという点では任意整理と似ていますが、ブラックリストに載るか載らないかが違います。

費者金融系信用情報機関の全情連は、2007年9月3日以降、過払い金の返還請求だけを求めている場合は、ブラックとしての登録をせず、「サービス情報」中の「契約見直し」という項目に登録するようになりました。

今現在借りている状態から過払い請求をすると”返さずに過払い請求をされた”という事でブラックリストに載りますが、借り換えをして完済になった状態から過払い請求をすればブラックリストには載りません。

私が今過払い請求を依頼しているところなのですが、いますぐ債務整理の無料電話相談というサービスがあります。メールで指定日時を入れておくと、相手からの通話料で電話をかけてきてくれます。本当に相談無料ですし、しつこい勧誘もありません。

過払い金がどれ位あるのか、費用はどれ位なのか、過払い金の事、債務整理の事も気軽な問い合わせでも無料で専門家の方が相談にのってくれます。自分は任意整理を頼んだ方がいい状況なのかな?過払い金あるのかな?という方は聞いてお気軽に聞いてみられるといいと思います。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://iiilll111.blog120.fc2.com/tb.php/2-b2326477
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。