お困り多重債務消費者金融

多重債務で困ってます。消費者金融ブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融やクレジット会社などの業者からの借金の場合には5年、個人からの借金の場合には10年で時効が成立する可能性があります。

もう少しで時効成立に必要な期間がすぎる…という場合、時効の成立を待つことに問題はないのでしょうか?ここでは、時効を待つことのメリットとデメリットをご紹介します。

デメリット

ここでは、借金の時効を待つことによるデメリットをご紹介しています。
住所変更に支障がでる

業者からの督促を避けるため、住民票を移せずにいる…という方がいらっしゃいます。しかし住民票を今お住まいの住所にしておかないと、今の住所において、お子さんの入学手続きや、ご本人の年金の受給ができませんし、選挙権の行使をすることもできません。また、健康保険に加入することも、住所地でなければできませんので、病気をしたときの負担は多大なものになってしまいます。
「いつ督促がくるか」と怯える生活が続く

いくら数ヶ月、数年間、督促がなかったとしても、「いつまた督促が来るかわからない」という状態が数年間続くことになりますので、精神的に大きな負担となることは明らかです。
借金の額が増える

時効を待っている間に借金の利息はどんどん膨れ上がり、遅延損害金もたまっていきますので、借金の額はどんどん増えてしまいます。
時効成立直前で、カウントがふりだしに戻る可能性もある

「時効まであと数日」というときになって、請求や差押えによって時効が中断してしまい、カウントがふりだしに戻る可能性もゼロではありません。

 

多重債務、自己破産の方にも融資。

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。