お困り多重債務消費者金融

多重債務で困ってます。消費者金融ブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己破産するには、「破産手続開始決定」が下りて、「免責許可の決定」を受けなければならないのですが、免責許可の決定を受けてから、「5?10年間はブラックリスト(正式には個人信用情報機関の事故情報)に登録されていまいます」。

-ブラックリストに登録される期間は?-

ブラックリスト(個人信用情報機関の事故情報)に登録される年数は、各信用情報機関によって異なりますので、登録される年数は一概にはいえませんので「5?10年間」となっていますが、実際には「3?5年間」ほどで登録情報から削除されている場合が多いようです。

-個人信用情報機関とは?-

個人信用情報機関とは、各金融業者などが加盟している信用情報機関のことで、「氏名・住所・個人のローン、クレジット契約内容・融資履歴・現在の借り入れ状況・支払いの遅滞情報」などが登録されており、融資の申し込みがあった際に、各金融業者などはこの信用情報機関に問い合わせ、「返済能力はあるか?」、「信用できるか?」など、そのお客さんに融資をしても大丈夫か?を調査し、融資するかしないかを決定しているのです。

ここで「自己破産・特定調停・個人民事再生手続き」などの債務整理をしていたり、クレジット、ローン、融資などの返済が滞っていると、「事故情報」として登録されてしまい、いわゆるこれが「ブラックリスト」と呼ばれているのです。

この情報は「銀行・クレジット会社・消費者金融業者(サラ金)」など、すべての金融機関が共有しています。

-ブラックリストに登録されているかどうかを調べるには-

自分がブラックリストとして登録されているか調べるには、以下の各信用情報機関にお問い合わせください。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI


人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。